メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級2組 門倉五段 棋風変え好調に 最終戦、佐藤紳七段と対局

 <順位戦C級2組 神崎健二八段VS門倉啓太五段>

 C級2組順位戦の昇級争いは、途中までハイペースで進んでいた。だが8回戦で全勝者4人が負け、さらに若手が次々と脱落して混戦に。そんな中順位を上げたのが6期目の門倉啓太五段(29)だ。初戦で逆転負けしたが、その後は快進撃を続け、ついに自力昇級を狙う位置に上がってきた。好調の要因は棋風を変えたこと。元々は生粋の振り飛車党だが、居飛車も指すようになる。順位戦ではほとんどが居飛車で、好成績につながった。 では、2日に指された神崎健二八段(53)との将棋を見ていただこう。神崎の誘導で相居飛車の力戦形に。門倉が仕掛けの手順を間違え、神崎にうまく反撃されて敗勢になり第1図。

 [後]2七角と打ったところ。[後]3八金からの詰めろで、[後]8六飛もあり寄りに見えるが、門倉はあ…

この記事は有料記事です。

残り1067文字(全文1425文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「『ちぇるちぇるらんど』すいません」に玉城知事「デニーズは僕の店…」 表敬訪問 /沖縄
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです