メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

井波律子・評 『俳句世がたり』=小沢信男・著

 (岩波新書・886円)

「想定外」や「絆」への違和感

 二〇一〇年四月から一六年十月まで七十三回にわたり、雑誌に連載されたエッセイをまとめたもの。芭蕉から正岡子規や夏目漱石、久保田万太郎、著者の知友に至るまで、心ひかれた俳句を引きながら、「継起する天下の出来事」についての思いを、洒脱(しゃだつ)にして切れ味鋭い語り口で述べ尽くし、爽快きわまりない。ちなみに、昭和二(一九二七)年東京に生まれた著者には、古今の災禍とかかわる地を訪ね、おびただしい死者の声に耳を傾けながら、埋もれた東京の歴史を掘り起こした名著『東京骨灰紀行』(二〇〇九年刊)がある。

 雑誌連載が始まってからほぼ一年後の二〇一一年三月十一日、東日本大震災、福島原発事故が起こった。これ…

この記事は有料記事です。

残り1158文字(全文1481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  4. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

  5. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです