メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冬季アジア札幌大会

ジャンプ男子団体、日本若手組で圧勝

男子ラージヒル団体で優勝し喜び合う(左から)伊藤、中村、佐藤、岩佐ら日本の選手たち=宮間俊樹撮影

 ○…若手4人でジャンプ団体に臨んだ日本は、2位カザフスタンに204・6点の大差を付けて圧勝した。飛んだ順に、17歳の岩佐、21歳の佐藤、20歳の中村、27日に19歳になる伊藤。2022年北京冬季五輪の中核を担う可能性を秘める4人が次に狙うのは「ネクスト葛西」だ。

 世界選手権で姉の有希が銀メダルを獲得し…

この記事は有料記事です。

残り80文字(全文232文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです