メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
トランプ政権

「国民の知る権利侵害」メディア猛反発

 米ホワイトハウスは24日、スパイサー大統領報道官の非公式会見の場から一部メディアを排除する「実力行使」に踏み込んだ。ロシアとの癒着疑惑報道などにいらつくトランプ米大統領は「匿名の情報源」を根拠にした報道を「認めるべきでない」とも発言。メディア側は「国民の知る権利が侵される」と猛反発している。

 「我々は積極的に反撃に打って出る。虚偽のストーリーは放置しない」。スパイサー氏は、報道官室で行った「ギャグル」と呼ばれるカメラ撮影なしの非公式会見の場で強調した。数時間前、トランプ氏がCNNなどを名指しし「人々の敵」と批判したことを受けた形だ。

 ホワイトハウスはこの日、「大統領が公の場で話す」ことを理由に、事前登録した記者は誰でも参加可能な定…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文814文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  4. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  5. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです