北大水産学部

「伝統守りたい」初の女性応援団長

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
応援の練習をする中尾さん=遠藤修平撮影
応援の練習をする中尾さん=遠藤修平撮影

 北海道大水産学部(北海道函館市)の応援団で、3年生の中尾真子さん(21)が第46代団長に就任した。40年以上の歴史を誇る応援団で女性団長は初。中尾さんは「男性に負けない団長として応援団の伝統を守りたい」。応援団最大のイベントである5月の海洋実習出港式に向け、技術に磨きをかける。

 大阪府高石市出身。小学生の時、水族館で見たサメに興味を持ち、研究者を目指して同学部の海洋資源科学科に進学した。もともとは引っ込み思案の性格。中学高校でスポーツ経験もなく、札幌で過ごした大学2年次まで特に目立った活動はしていなかったという。

 本格的な研究・実習を行う函館での生活が始まった昨春、「思い切って新しいことを始めよう」と考えた。学内で見かけた応援団旗と学ラン姿の先輩に憧れ、応援団の門をたたいた。研究の合間に声の出し方や腕の振り方を練習した。重さ約15キロの旗を持てるよう、筋力トレーニングも行った。昨年6月に行われた函館マラソンで応援した時、「ランナーの感謝がうれしかった」と応援の醍醐味(だいごみ)を知った。

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文672文字)

あわせて読みたい

ニュース特集