メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド・トレジャー

特派員が選ぶ私の世界遺産 クジラの谷(エジプト・ファイユーム郊外) 太古の海で時代の旅へ

ワディ・アル・ヒタンで展示されているクジラの祖先の化石

 起伏のある砂漠に円丘や砂岩が点在する。風に削られ、キノコや亀のような形になった奇岩もある。見渡す限りの乾いた大地。だが太古、そこは海だった。砂に埋もれたクジラの祖先の化石が「証人」だ。

 エジプトの首都カイロから車で約4時間。中部ファイユームの郊外に広がる砂漠に「ワディ・アル・ヒタン(“クジラの谷”の意味)」と呼ばれる渓谷はある。

 谷を歩くと、クジラの祖先バシロサウルスの骨が屋外展示されていた。長さ10メートルを超える背骨もある。約4000万年前、現在のユーラシア大陸とアフリカ大陸を隔てていた「テチス海」を泳いでいたという。バシロサウルスには後ろ脚があったといい、哺乳類でありながら、陸から海に戻っていったクジラの進化の一端も垣間見える。

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです