メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

ルポ 男子禁制「ひきこもり女子会」 「一人じゃない」実感こそ

さまざまな生きづらさを感じている女性を対象に開催された「ひきこもり女子会」で、自己紹介する主催者の恩田夏絵さん(右)と林恭子さん=東京都渋谷区で、北山夏帆撮影

 長期化、高齢化が深刻な問題となっている「ひきこもり」。長い間、「男性に多い問題」と考えられてきたために、ひきこもる女性たちの生きづらさは見過ごされ、放置されがちだった。ところが最近、「ひきこもり女子会」なる取り組みが始まったという。なぜ「女子会」? 男子禁制の集まりにお邪魔した。【小国綾子】

「男性に多い」って本当? 家事・育児中は統計外の「見えない存在」

 「緊張しちゃうな」。胸に手を置き、深呼吸した後、女性(36)は話し始めた。「小学校では6年間いじめられました。中学でも高校でもずっといじめは続きました。死にたいと思いました」。大学でようやく、いじめと無縁の日々を送れたのに、折からの氷河期で就職活動に乗り遅れ、アルバイト先でパワハラを受け、24歳から自宅にひきこもった。何度も働こうとしては、うつ状態や不眠に悩まされ、仕事を続けられなかった。

 「『大学まで行かせたのになぜ?』と母親がなげくのを聞くのが何よりつらかった」。そんな女性の言葉に、参加者たちは小さくうなずいた。

この記事は有料記事です。

残り2312文字(全文2753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. クルーズ船で厚労省が検査ミス 23人、健康観察期間中の感染調べず 症状はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです