メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

ルポ 男子禁制「ひきこもり女子会」 「一人じゃない」実感こそ

さまざまな生きづらさを感じている女性を対象に開催された「ひきこもり女子会」で、自己紹介する主催者の恩田夏絵さん(右)と林恭子さん=東京都渋谷区で、北山夏帆撮影

 長期化、高齢化が深刻な問題となっている「ひきこもり」。長い間、「男性に多い問題」と考えられてきたために、ひきこもる女性たちの生きづらさは見過ごされ、放置されがちだった。ところが最近、「ひきこもり女子会」なる取り組みが始まったという。なぜ「女子会」? 男子禁制の集まりにお邪魔した。【小国綾子】

「男性に多い」って本当? 家事・育児中は統計外の「見えない存在」

 「緊張しちゃうな」。胸に手を置き、深呼吸した後、女性(36)は話し始めた。「小学校では6年間いじめられました。中学でも高校でもずっといじめは続きました。死にたいと思いました」。大学でようやく、いじめと無縁の日々を送れたのに、折からの氷河期で就職活動に乗り遅れ、アルバイト先でパワハラを受け、24歳から自宅にひきこもった。何度も働こうとしては、うつ状態や不眠に悩まされ、仕事を続けられなかった。

 「『大学まで行かせたのになぜ?』と母親がなげくのを聞くのが何よりつらかった」。そんな女性の言葉に、…

この記事は有料記事です。

残り2327文字(全文2753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 元パラ選手マリーケ・フェルフールトさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです