メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

ルポ 男子禁制「ひきこもり女子会」 「一人じゃない」実感こそ

さまざまな生きづらさを感じている女性を対象に開催された「ひきこもり女子会」で、自己紹介する主催者の恩田夏絵さん(右)と林恭子さん=東京都渋谷区で、北山夏帆撮影

 長期化、高齢化が深刻な問題となっている「ひきこもり」。長い間、「男性に多い問題」と考えられてきたために、ひきこもる女性たちの生きづらさは見過ごされ、放置されがちだった。ところが最近、「ひきこもり女子会」なる取り組みが始まったという。なぜ「女子会」? 男子禁制の集まりにお邪魔した。【小国綾子】

 「緊張しちゃうな」。胸に手を置き、深呼吸した後、女性(36)は話し始めた。「小学校では6年間いじめられました。中学でも高校でもずっといじめは続きました。死にたいと思いました」。大学でようやく、いじめと無縁の日々を送れたのに、折からの氷河期で就職活動に乗り遅れ、アルバイト先でパワハラを受け、24歳から自宅にひきこもった。何度も働こうとしては、うつ状態や不眠に悩まされ、仕事を続けられなかった。

 「『大学まで行かせたのになぜ?』と母親がなげくのを聞くのが何よりつらかった」。そんな女性の言葉に、参加者たちは小さくうなずいた。

この記事は有料記事です。

残り2344文字(全文2753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  4. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  5. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです