メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

集う@あいち

NPO「子どもと文化の森」 子育て支援を多彩に 最適の方法見つける手伝い /愛知

親子の笑顔がはじける「子どもと文化の森」の活動=大口町余野で

 「子どもと大人が共に育ちあう」ことを願って活動する大口町余野のNPO法人「子どもと文化の森」(岩根佐代子理事長)。多彩な取り組みを通して毎日のように子どもたちの笑顔が見られ、今年度の「子供と家族・若者応援団表彰」で内閣総理大臣表彰を受けた。岩根さん(62)は「これを機に子育ての輪をさらに広げていきたい」と意気込む。

 子どもと文化の森は1975年に尾北おやこ劇場として発足。会員がボランティアで運営し、大口町だけでなく、江南市や犬山市、扶桑町で人形劇や音楽鑑賞、子どもの自然体験活動などを行ってきた。そうした中で、子育てへの悩み相談が増加してきたことから、乳幼児向けのサークル活動や乳幼児を持つ親の居場所作りなど、子育て支援も行うようになった。

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢の医師が相次ぎ死亡 当局が表彰、子どもの受験優遇も

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

  5. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです