メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
近江酒蔵巡り

隠れたる「宝庫」をゆく/30 福井弥平商店 「うまい瞬間」届ける名門 /滋賀

大津市内で開かれた地酒を味わう会で「萩乃露」を振る舞う福井毅さん=大津市の琵琶湖ホテルで、山本直撮影

 午前8時半、蒸し上がった米から立ち上る湯気の中で、長靴を履いた蔵元の福井毅さん(44)が蒸米に使った道具を黙々と洗っていた。仕込みを手伝うようになって十数年。そこには蔵の一体感を高めると同時に、ちょっとした現場の変化にも気付くことができるようにとの配慮がある。

 福井弥平商店は江戸時代中期の寛延年間(1748~51)に創業した。当主は「弥平」を襲名、銘酒「萩乃露」は琵琶湖岸に群生するハギにちなむ。良質な近江米と比良山系からの甘みのある軟らかい水で能登杜氏(とうじ)が醸した酒は、うまみがありながら後味がすっきりしている。

 福井さんは名古屋市内の高校から大阪大文学部に進学。小説などに登場する酒やたばこを「かっこいい」と思…

この記事は有料記事です。

残り1750文字(全文2062文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  2. 中京学院大中京・藤田主将 高校No.1捕手が到達した「個々の強み生かすリード」

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです