メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

住まいのかたち /兵庫

1階にカフェが入り、構想通りの形になった「ダイバーシティ甲陽園」=兵庫県西宮市甲陽園本庄町で、伊地知克介撮影

 寒風と暖かい日差しを交互に感じるような2月末です。

 25日に西宮市出身の将棋棋士、稲葉陽八段(28)が名人戦の挑戦者に決まりました。昨年3月に尼崎市であった王将戦第5局では大盤解説を担当し、ソフトな語り口で将棋ファンを楽しませてくれました。関西棋士では11年ぶりの名人挑戦。頑張ってほしいところです。

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1153文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです