メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる世界

「記者夕食会」欠席へ トランプ氏、異例対応

 【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領は25日、自身のツイッターで、ホワイトハウスで取材するメディアで作る記者会が毎年春に開催する夕食会に出席しないと表明した。トランプ政権は、批判的な報道やメディアを「フェイク(偽)ニュース」と呼び、「国民の敵だ」と攻撃。24日には、政権に批判的な報道が多いCNNテレビなど一部メディアをスパイサー大統領報道官と記者との取材の場から締め出したばかりだ。トランプ政権とメディアとの対立がさらに激化しそうだ。

 夕食会は1920年代に始まり、大統領として初めて出席したのは24年のクーリッジ大統領。記者会や大統領ら政権幹部、さらに議会幹部や著名人が出席し、ユーモアを交えたスピーチをすることが恒例になっている。今年は4月29日に開く予定だ。しかし、トランプ氏は25日、「今年のホワイトハウスの記者会の夕食会には出席しない。皆さんが元気で、すばらしい夕べを過ごせますように!」とツイートした。

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  4. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  5. 全国で新たに5320人感染確認 死者は最多の104人 重症者は初の1000人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです