メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災6年

福島2号機 内部調査(その2止) 相次ぐ「想定外」と「課題」 「人の手」が頼みの綱

2号機・格納容器内のレール上で動けなくなった「サソリ型ロボット」=2017年2月16日、国際廃炉研究開発機構提供

 

福島原発、難航する内部調査

 発生から約6年が経過する東京電力福島第1原発事故。2号機では昨年12月から内部調査が始まり、今月までの3カ月間で延べ800人超の作業員らが投入された一方、溶融燃料の所在を特定することはできなかった。東電は1、3号機でも内部調査を実施する方針だが、難航は確実だ。政府と東電は2041~51年の間に作業を終えることを目指しているが、こうした廃炉工程全体にも影響する可能性が出ている。【柳楽未来】

 2号機の格納容器調査は、(1)ロボットの入り口となる穴(直径11・5センチ)を機械で開ける作業(2…

この記事は有料記事です。

残り2084文字(全文2345文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです