特集

福島第1原発事故

毎日新聞デジタルの「福島第1原発事故」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

東日本大震災6年

福島2号機 内部調査(その2止) 相次ぐ「想定外」と「課題」 「人の手」が頼みの綱

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2号機・格納容器内のレール上で動けなくなった「サソリ型ロボット」=2017年2月16日、国際廃炉研究開発機構提供
2号機・格納容器内のレール上で動けなくなった「サソリ型ロボット」=2017年2月16日、国際廃炉研究開発機構提供

 

福島原発、難航する内部調査

 発生から約6年が経過する東京電力福島第1原発事故。2号機では昨年12月から内部調査が始まり、今月までの3カ月間で延べ800人超の作業員らが投入された一方、溶融燃料の所在を特定することはできなかった。東電は1、3号機でも内部調査を実施する方針だが、難航は確実だ。政府と東電は2041~51年の間に作業を終えることを目指しているが、こうした廃炉工程全体にも影響する可能性が出ている。【柳楽未来】

 2号機の格納容器調査は、(1)ロボットの入り口となる穴(直径11・5センチ)を機械で開ける作業(2)その穴からカメラ付きパイプを作業員が挿入し、内部を事前に確認(3)「サソリ型ロボット」(自走式)の通路となるレール上の堆積(たいせき)物を、掃除ロボットが除去(4)サソリ型ロボットがレールを通って原子炉直下の作業用足場に到達し、溶融燃料を調査--との4段階で進められたが、想定外が相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り1938文字(全文2345文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集