メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・子育て・親子

卒業式、和装にチャレンジ

小学生の卒業式用のはかまを着付ける宇佐美幸子さん=「深川きものさろん」で

 まもなく卒業式シーズン。小学校では制服がない学校が多く、子どもたちが思い思いの装いで列席する。きっちりしたブレザー姿が主流だが、最近では、はかま姿も人気だという。

 ●全国にレンタル

 「問い合わせは年々増えています。和装を楽しむ糸口になればうれしい」。着物の着付けやレンタルサービスを提供する「深川きものさろん」(東京都江東区)代表で1級着付け技能士の宇佐美幸子さんは、2012年から小学生用のはかまレンタルを開始。当初は近隣の客に着付けも含めて提供、地方からの問い合わせが多くなったため宅配でのレンタルサービスを始め、ネットショップを導入した。16年には全国から100件以上申し込みがあった。

 「ご両親が望むケースもあるけれど、お子さん自身が『周囲とはひと味違う格好をしたい』『この機会に和装にチャレンジしたい』と望む方も多いです」

この記事は有料記事です。

残り1397文字(全文1764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 入院希望でもホテル行き 糖尿病のコロナ感染者が感じた大阪の医療崩壊危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです