メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・子育て・親子

卒業式、和装にチャレンジ

小学生の卒業式用のはかまを着付ける宇佐美幸子さん=「深川きものさろん」で

 まもなく卒業式シーズン。小学校では制服がない学校が多く、子どもたちが思い思いの装いで列席する。きっちりしたブレザー姿が主流だが、最近では、はかま姿も人気だという。

 ●全国にレンタル

 「問い合わせは年々増えています。和装を楽しむ糸口になればうれしい」。着物の着付けやレンタルサービスを提供する「深川きものさろん」(東京都江東区)代表で1級着付け技能士の宇佐美幸子さんは、2012年から小学生用のはかまレンタルを開始。当初は近隣の客に着付けも含めて提供、地方からの問い合わせが多くなったため宅配でのレンタルサービスを始め、ネットショップを導入した。16年には全国から100件以上申し込みがあった。

 「ご両親が望むケースもあるけれど、お子さん自身が『周囲とはひと味違う格好をしたい』『この機会に和装にチャレンジしたい』と望む方も多いです」

この記事は有料記事です。

残り1397文字(全文1764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです