メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

居残り特打を行った坂本

 練習では右方向への打球が目立っていた坂本(巨人)に、力強く引っ張るスイングが戻ってきた。秋山(西武)は「低く鋭い当たりを」と、1人になるまで居残ってバットを振る。低調ぶりが際だった前日のソフトバンク戦の反省から、打撃陣が試行錯誤に取り組んでいる。

 ソフトバンク戦では菊池(広島)と筒香(DeNA)以外は無安打。代表で「つなぐ打撃」を掲げる坂本は、本来のスタイルとは異なる強引な右打ちでス…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです