水族館

骨くっきり透明なカレイ展示

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
体の色素がなく、透明なヌマガレイ=青森市の青森県営浅虫水族館で2017年2月26日、成瀬桃子撮影
体の色素がなく、透明なヌマガレイ=青森市の青森県営浅虫水族館で2017年2月26日、成瀬桃子撮影

 青森市浅虫の青森県営浅虫水族館で25日から、体の色素がなく骨が透けて見える珍しいカレイが展示されている。

 透明のカレイは沼でも生息する「ヌマガレイ」で、体身約10センチ。生後1年とみられる。今月22日に県東部の小川原湖で定置網にかかっているのを漁師が発見し、同館に寄贈した。同館によると、カレイの頭…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文350文字)

あわせて読みたい

ニュース特集