メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライオン襲撃

来園した親子の目の前で

女性職員を襲ったとみられる雌のライオン=小諸市動物園で2014年5月25日、武田博仁撮影

 長野県小諸市丁の市動物園で26日、嘱託職員で飼育員の大井沙耶香さん(22)がライオンに襲われ重傷を負った事故は、来園した親子の目の前で起きた。事故を受け、市は動物園を急きょ閉園とし、職員が対応に追われた。

 同日、記者会見した小泉俊博市長は「子供が訪れ、安全を確保しなければならない場所で、このような事故が起こってしまい、ご家族や市民におわびします」と謝罪した。

 市などによると、獣舎は室内居住室とオリのある屋外に分かれ、雌の「ナナ」(15歳)1頭だけがいる。大井さんは清掃しようと獣舎に入ったという。午前9時半ごろ、子供と来園した女性が屋外側で襲われたところを目撃し、園内の男性職員に知らせた。男性職員が駆けつけると、大井さんは血を流してあおむけに倒れていた。ライオンは大井さんの右足をかみ、オリから室内につながる通路まで引きずったという。別の男性職員がライオ…

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです