メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本将棋連盟

理事3人を解任 ソフト不正疑惑の対応で

 日本将棋連盟(佐藤康光会長)は27日、臨時棋士総会を開き、将棋ソフトの不正使用疑惑の対応を巡り責任を問われた5人の理事の解任を求める議案を審議。投票の結果、青野照市専務理事(64)ら3理事の解任が決まった。同日付。

 他に解任が決まったのは中川大輔常務理事(48)と片上大輔常務理事(35)。東和男常務理事(61)と佐藤秀司常務理事(49)の解任請求は否決された。後任の補充は未定で、佐藤会長は「残った理事で協議…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです