メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「タクシードライバー歌人」が詠む、メガロポリスの夜

車内から流れるネオンを見つめる高山さん。「短歌って精神の浄化作用があってね」=東京都新宿区で20日、小川昌宏撮影

 バックミラーに律義そうな顔がのぞく。高山邦男さん。57歳。彼は深夜の東京を走るタクシードライバーである。そしてぐっとくる短歌を詠む。「ドライバー歌人」に眠らぬメガロポリスはどう映っているのだろう。【鈴木琢磨】

東京のイメージは「不眠症」/「すてきなダメ人間」になれたら

 さっきまで降っていた雨も上がった。夜10時、高山さん運転の個人タクシーでぬれた新青梅街道を練馬から新宿方面へ向かった。紺の制服、丁寧な言葉遣い。タクシーのハンドルを握ってかれこれ四半世紀になる。「なぜかずっと続いていますね。まあ、いろいろあったといえばありましたけど……」

この記事は有料記事です。

残り2386文字(全文2657文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ザギトワ選手おとがめなし 無免許運転の捜査終了
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  4. 2019参院選 選択の現場から/下 性的少数者支援 「多様な社会」どう実現 議論深化に当事者期待 /埼玉
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです