メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「タクシードライバー歌人」が詠む、メガロポリスの夜

車内から流れるネオンを見つめる高山さん。「短歌って精神の浄化作用があってね」=東京都新宿区で20日、小川昌宏撮影

 バックミラーに律義そうな顔がのぞく。高山邦男さん。57歳。彼は深夜の東京を走るタクシードライバーである。そしてぐっとくる短歌を詠む。「ドライバー歌人」に眠らぬメガロポリスはどう映っているのだろう。【鈴木琢磨】

 さっきまで降っていた雨も上がった。夜10時、高山さん運転の個人タクシーでぬれた新青梅街道を練馬から新宿方面へ向かった。紺の制服、丁寧な言葉遣い。タクシーのハンドルを握ってかれこれ四半世紀になる。「なぜかずっと続いていますね。まあ、いろいろあったといえばありましたけど……」

この記事は有料記事です。

残り2415文字(全文2657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バンクシー、マスクのネズミも コロナテーマに新作、動画投稿 英地下鉄に

  2. 電脳女将・千鶴さん「早く帰ってきて」 声優が安否気遣う 湯布院の旅館家族不明

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  5. 梨田昌孝さんが見た悪夢 「生きている感覚なかった」コロナとの50日の格闘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです