メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 三上延さん

三上延さん

 ■ビブリア古書堂の事件手帖7 三上延(みかみ・えん)さん メディアワークス文庫・702円

シリーズ完結、謎に決着

 北鎌倉の古書店を舞台にしたミステリー「ビブリア古書堂の事件手帖(てちょう)」が、7巻をもって完結した。累計部数640万部の人気シリーズに一応の幕が下りた。

 ミステリアスな美人店主・篠川栞子(しおりこ)と、本が読めない店員・五浦大輔が古書の謎に迫る姿を軽妙に描く。名のある作家の知られざるエピソードなど、栞子による古本のうんちくが大きな魅力。7巻では、シェークスピアに関わる古書が物語の軸になる。シリーズを覆う家族にまつわる大きな謎もあったが、今回で決着を見た。

 シリーズ第1巻が出たのは2011年3月。東日本大震災の直後だ。大きな災害の衝撃に「本が読めない」という声があちこちで聞かれたが、すぐに重版がかかった。「古本の話をメインに、面白くするためミステリー仕立てにし、恋愛も絡めた」という構成。「本についての話なら読めるというニーズがあったのかも。主人公たちの恋愛模様と、ちょっとした事件はあるが人が死んだりはしない。幅広い方に楽しんでもらえたのかなあ」

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです