メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現代デザイン考

「カッコいい」の正体 「動き」追究したカッサンドル

 「カッコいいデザイン」について考えている。

 きっかけは山中俊治・東京大教授への取材だった。ロボットや家具など多岐にわたるプロダクト、さらにアスリートのための義足をデザインしている。

 山中教授は何度か、義足やそれが躍動する状態を「カッコいい」と表現した。美術、造形分野を取材していると作品を形容する多彩な言葉に出合うが「カッコいい」は意外と聞かない。単純に響くので、口にしづらいのかもしれない。

 だが、次第に分かったのは山中教授の定義が、一般的な「姿・形の良さ」や「行動が潔い様子」と異なること…

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1093文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです