メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現代デザイン考

「カッコいい」の正体 「動き」追究したカッサンドル

 「カッコいいデザイン」について考えている。

 きっかけは山中俊治・東京大教授への取材だった。ロボットや家具など多岐にわたるプロダクト、さらにアスリートのための義足をデザインしている。

 山中教授は何度か、義足やそれが躍動する状態を「カッコいい」と表現した。美術、造形分野を取材していると作品を形容する多彩な言葉に出合うが「カッコいい」は意外と聞かない。単純に響くので、口にしづらいのかもしれない。

 だが、次第に分かったのは山中教授の定義が、一般的な「姿・形の良さ」や「行動が潔い様子」と異なることだ。いわく「うまくいっている状態を人間はカッコいいと捉える」。アスリートの鍛え上げられた肉体を例に挙げ「(カッコいいと感じる)美意識はよく機能していることに対する直感ではないか」と説明され、目からポロリとウロコが落ちた。

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1093文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  3. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです