メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わかやま子育て事情

/6 風疹予防ワクチンを 妊婦の感染で子供に障害 /和歌山

2016年に香川県であった日本外来小児科学会年次集会で啓発活動をした可児佳代さん=本人提供

 妊婦の風疹感染によって子供に障害が出る「先天性風疹症候群」(CRS)をなくそうと、日本産婦人科医会などが、今年から2月4日を「風疹の日」と定めた。患者やその家族でつくる「風疹をなくそうの会」も、CRSや風疹ワクチンについて情報発信などに取り組む。和歌山市出身で岐阜市在住の同会共同代表、可児佳代さん(63)に活動への思いを聞いた。

 風疹は発熱や全身の発疹を引き起こす感染症。咳やくしゃみによる飛沫(ひまつ)感染で広がり、春先に流行する。妊娠20週ごろまでの妊婦が感染すると、胎児に心臓の奇形や難聴、白内障などの障害が出るおそれがある。

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1189文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです