メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保関連法

損賠訴訟で原告ら「合憲性説明すべき」 地裁 /長崎

 集団的自衛権の行使を容認した安全保障関連法は憲法違反で精神的な苦痛を受けたとして、県内の被爆者ら118人が国に1人10万円の損害賠償を求めた集団訴訟の第2回口頭弁論が27日、長崎地裁(田中俊行裁判長)であった。集団的自衛権の行使容認を巡る違憲性について国が答弁書で「認否の必要がない」などとしたこと…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文315文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです