安保関連法

損賠訴訟で原告ら「合憲性説明すべき」 地裁 /長崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 集団的自衛権の行使を容認した安全保障関連法は憲法違反で精神的な苦痛を受けたとして、県内の被爆者ら118人が国に1人10万円の損害賠償を求めた集団訴訟の第2回口頭弁論が27日、長崎地裁(田中俊行裁判長)であった。集団的自衛権の行使容認を巡る違憲性について国が答弁書で「認否の必要がない」などとしたこと…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文315文字)

あわせて読みたい

注目の特集