メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保関連法

損賠訴訟で原告ら「合憲性説明すべき」 地裁 /長崎

 集団的自衛権の行使を容認した安全保障関連法は憲法違反で精神的な苦痛を受けたとして、県内の被爆者ら118人が国に1人10万円の損害賠償を求めた集団訴訟の第2回口頭弁論が27日、長崎地裁(田中俊行裁判長)であった。集団的自衛権の行使容認を巡る違憲性について国が答弁書で「認否の必要がない」などとしたこと…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  2. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 「刑務所に入れられても闘う。それが恩返し」 香港りんご日報創業者が語った決意

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです