メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルで学ぼう

ネットのデマ、どう教えるか 「情報リテラシー」身につける取り組み

うわさについて学ぶ中央大杉並高の生徒ら=岡礼子撮影

 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を使う人の増加で、ネット上のデマの拡散が問題になっている。高校生全員が学ぶ「社会の情報化の進展に主体的に対応できる態度を育てる」教科「情報」。情報自体の特性を知り、的確に扱う力「情報リテラシー」を身につけるため、これまで以上に重要になっている。学校ではどのように教えているのか。東京都内の高校の授業を紹介する。

この記事は有料記事です。

残り1716文字(全文1896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

  2. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです