メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本将棋連盟

3理事解任 「ソフト不正疑惑」対応巡り 臨時総会

 日本将棋連盟(佐藤康光会長)は27日、臨時棋士総会を開き、将棋ソフトの不正使用疑惑の対応を巡り責任を問われた5人の理事の解任を求める議案を審議。投票の結果、青野照市専務理事(64)ら3人の理事の解任が決まった。同日付。

 他に解任されたのは中川大輔常務理事(48)と片上大輔常務理事(35)。東和男常務理事(61)と佐藤秀司常務理事(49)の解任請求は否決された。後任の補充は未定で、佐藤会長は「残った理事で協議してから発表したい」とした。

 同疑惑では、対応の責任を取り、谷川浩司会長(54)と島朗(あきら)常務理事(54)が1月に辞任を表明。2月6日には佐藤康光会長(47)と井上慶太常務理事(53)が選出され、新執行部が船出した。

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文880文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです