高校入試

監督役、誤って音読制止 大阪府立高等支援学校

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪府教委は27日、府立むらの高等支援学校(同府枚方市)で21日にあった入試で、知的障害のある中学3年の女子生徒(15)が許可を得て問題文を音読した際、監督役の40代の男性教諭がやめさせる不適切な対応があったと発表した。校内の連絡ミスが原因という。

 府教委などによると、基礎的な読み書きの能力や街頭の標識な…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文387文字)

あわせて読みたい

注目の特集