共謀罪

3月10日閣議決定 公明、容認の方針

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
公明党の山口那津男代表=川田雅浩撮影
公明党の山口那津男代表=川田雅浩撮影

 公明党は28日、「共謀罪」の成立要件を絞り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、政府が検討する3月10日の閣議決定を容認する方針を固めた。政府は今国会での成立を目指しているが、金田勝年法相の答弁が不安定なこともあり、審議の行方は流動的だ。

 政府は28日午前、公明党の会合で、法案を初めて示した。公明党は今後、数回にわたって党内議論を重ね、3月9日にも法案を承認する調整を始めている。山口那津男代表は28日午前の記者会見で、3月10日の閣議決定について「与党としても、なるべくかなうように受けと…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文649文字)

あわせて読みたい

ニュース特集