メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警視庁

JKビジネス実態調査 収入月50万円以上も

 警視庁は、制服姿の女子高校生らに男性客の接待などをさせる「JKビジネス」で働いていた少女42人を対象にした聞き取り調査の結果をまとめた。働く目的について約6割が遊興費と答えるなど、多くがお金目当てで働いている実態が明らかになった。

 同庁は昨年6月と7月に都内の2店舗を摘発し、そこで働いていた15~17歳の少女42人に調査を実施した。

 店舗を知ったきっかけは友人の紹介が28人(66%)と最多。働く目的(複数回答)は、コンサートチケッ…

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS 俳優・滝口幸広さん死去 34歳 共演者“仲間”たちが続々追悼「早すぎるって」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです