17年度予算案

舞台参院へ 野党「隠蔽4点セット」追及

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「4点セット」をめぐる野党の主張
「4点セット」をめぐる野党の主張

7月の東京都議選控え攻防

 27日の来年度予算案の衆院通過で、論戦の舞台は参院に移る。7月の東京都議選を控え、野党側は政府に対し「隠蔽(いんぺい)4点セット」と名付けた攻勢を続ける構えだ。一方、政権側は衆院審議を思惑通りのスピード審議で終え、都議選を見据えた「得点稼ぎ」に余念がない。ただ、都議選のカギを握るのは小池百合子都知事で、「場外」の動きも今後の国会情勢に絡みそうだ。

 野党は「4点セット」として、(1)文部科学省の天下りあっせん(2)南スーダンに派遣された陸上自衛隊部隊の日報(3)「共謀罪」の要件を絞ったテロ等準備罪を巡り、金田勝年法相が作成させた「質問封じ」とも取れる文書(4)森友学園(大阪市)の格安での国有地取得--を挙げる。

この記事は有料記事です。

残り1413文字(全文1734文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集