メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

17年度予算案

舞台参院へ 野党「隠蔽4点セット」追及

「4点セット」をめぐる野党の主張

7月の東京都議選控え攻防

 27日の来年度予算案の衆院通過で、論戦の舞台は参院に移る。7月の東京都議選を控え、野党側は政府に対し「隠蔽(いんぺい)4点セット」と名付けた攻勢を続ける構えだ。一方、政権側は衆院審議を思惑通りのスピード審議で終え、都議選を見据えた「得点稼ぎ」に余念がない。ただ、都議選のカギを握るのは小池百合子都知事で、「場外」の動きも今後の国会情勢に絡みそうだ。

 野党は「4点セット」として、(1)文部科学省の天下りあっせん(2)南スーダンに派遣された陸上自衛隊…

この記事は有料記事です。

残り1497文字(全文1734文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです