メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本将棋連盟

佐藤会長「不満が大きかった」3理事解任に

将棋連盟の臨時総会後、会見する佐藤康光会長=東京都渋谷区の将棋会館で2017年2月27日、猪飼健史撮影

 27日に開かれた日本将棋連盟(佐藤康光会長)の臨時棋士総会で、将棋ソフトの不正使用疑惑の対応を巡り責任を問われた5人の理事の解任を求める議案が審議され、投票の結果、青野照市専務理事(64)ら3理事の解任が決まった。総会終了後、記者会見した佐藤会長は複数の理事を失い、困惑した表情を見せた。

 「会員の不満が大きかったという気がする」と解任の理由を分析したが、具体的に何が否定されたかについては「正直わからない」と語った。

 解任を求めた棋士たちは(1)棋士の立場を守らず棋戦運営に支障をきたした(2)将棋連盟の信用を大きく損ねた--などを理由として挙げている。三浦弘行九段の出場停止処分が常務会だけで決められ、説明が果たされないことへの不満が募っていたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです