メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本将棋連盟

佐藤会長「不満が大きかった」3理事解任に

将棋連盟の臨時総会後、会見する佐藤康光会長=東京都渋谷区の将棋会館で2017年2月27日、猪飼健史撮影

 27日に開かれた日本将棋連盟(佐藤康光会長)の臨時棋士総会で、将棋ソフトの不正使用疑惑の対応を巡り責任を問われた5人の理事の解任を求める議案が審議され、投票の結果、青野照市専務理事(64)ら3理事の解任が決まった。総会終了後、記者会見した佐藤会長は複数の理事を失い、困惑した表情を見せた。

 「会員の不満が大きかったという気がする」と解任の理由を分析したが、具体的に何が否定されたかについては「正直わからない」と語った。

 解任を求めた棋士たちは(1)棋士の立場を守らず棋戦運営に支障をきたした(2)将棋連盟の信用を大きく…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  2. 重度障害の男性、60年来の夢実現 小学校で授業と給食 児童ら「かなえてあげたい」

  3. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  4. 院内感染防止の対応甘く「反省」 18人死亡の結核病院院長が陳謝

  5. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです