メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

傷ついた神経

直接巻き付け再生促す治療用シート開発

体内で分解されるプラスチックで作った治療用シート=茨城県つくば市で2017年2月27日、大場あい撮影

 傷ついた神経に直接巻き付けて神経の再生を促す治療用シートを開発したと、物質・材料研究機構(茨城県つくば市)と大阪大の研究チームが27日発表した。指先がしびれる「手根管症候群」などに有効と考えられ、2年後の臨床研究開始を目指す。生体材料科学の国際誌に掲載された。

 チームは分子の長さを工夫するなどして、非常に軟らかく、体内で分解されるプラスチックを開発。神経再生を促す効果があるビタミンB12の一種「メチルコバラミン」を混ぜて直径数百ナノメートル(ナノは10億分の1…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 新型コロナ 通夜や葬儀への参列で集団感染 松山

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです