傷ついた神経

直接巻き付け再生促す治療用シート開発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
体内で分解されるプラスチックで作った治療用シート=茨城県つくば市で2017年2月27日、大場あい撮影
体内で分解されるプラスチックで作った治療用シート=茨城県つくば市で2017年2月27日、大場あい撮影

物質・材料研究機構と大阪大の研究チーム

 傷ついた神経に直接巻き付けて神経の再生を促す治療用シートを開発したと、物質・材料研究機構(茨城県つくば市)と大阪大の研究チームが27日発表した。指先がしびれる「手根管症候群」などに有効と考えられ、2年後の臨床研究開始を目指す。生体材料科学の国際誌に掲載された。

 チームは分子の長さを工夫するなどして、非常に軟らかく、体内で分解されるプラスチックを開発。神経再生を促す効果があるビタミンB12の一種「メチルコバラミン」を混ぜて直…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

あわせて読みたい

注目の特集