ビキニ水爆実験

労災審議の議事録なし

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 1954年に米国が太平洋・ビキニ環礁で実施した水爆実験を巡り、周辺で操業していた元船員らに船員保険を適用するか議論する全国健康保険協会船員保険部の有識者会議が、議事録を作成していないことが27日わかった。協会は取材に「会議は非公開であり、議事録を作る必要がない」と説明しているが、検証できなくなると批判が出ている。

 計6回のビキニ水爆実験では約1万人に影響が出たともされ、元船員や遺族計11人が「がんなどの発症は実験による被ばくの影響だ」として事実上の「労災認定」である船員保険適用を求めている。協会は、中小企業の従業員などが加入する公的保険を運営する公法人で、かつての旧社会保険庁の業務の一部を担っている。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文599文字)

あわせて読みたい

注目の特集