メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊400年への道

囲碁 半分が陥落、死のリーグ=金沢盛栄

 本因坊文裕(もんゆう)(井山裕太九段)への挑戦を目指す第72期本因坊戦リーグは第5ラウンドを終え、大詰めを迎えつつある。

 表をご覧になれば分かるように、本木克弥七段と羽根直樹九段が4勝1敗でトップを並走。残るは3、4月に打たれる2局のみだが、組み合わせの関係で、挑戦者は本木、張栩(ちょうう)九段、羽根、黄翊祖(こういそ)八段に絞られた。

 本因坊戦リーグは死のリーグと言われている。半分の4人が陥落するからだ。そして、大きなポイントとなっているのが前期の成績を元にした「順位」。上位4人は前期からの残留者であり、予選を勝ち上がった4人は全員5位となる。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  4. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  5. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです