メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信州製小型人工衛星

ぎんれい打ち上げ3年記念講演会 国内7大学の研究者ら一堂に /長野

2014年に打ち上げられた信州初の人工衛星「ぎんれい」の成果などについて講演する中島厚さん=長野市若里4の信州大工学部で

 初の信州製小型人工衛星「ShindaiSat(シンダイサット)」(愛称・ぎんれい)の打ち上げから3年を記念した講演会が28日、信州大学工学部キャンパス(長野市)であった。ぎんれいとともに主衛星に相乗り打ち上げされた各衛星の開発担当者らが参加し、今後の衛星開発などを報告し合った。

 信大と協力して2014年2月28日にぎんれいを打ち上げた、県内企業などでつくる「信州衛星研究会」が主催。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の元主幹研究員で信大特任教授(当時…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです