メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

県内の今年の大雪はなぜ? /滋賀

 なるほドリ 今年は、県内各地で大雪を記録しました。例年なら湖北や近江西部などの地域が中心なのに、今年はどうしたのかな?

 記者 そうだね。大阪管区気象台予報課の畝田栄作主任予報官にうかがいました。

 滋賀の北部には、東側に中部山岳地帯、西側に比良山系がそびえています。二つの高い山脈に挟まれた福井県若狭地方と滋賀湖北地域を結ぶエリアは野坂山地と呼ばれ、標高1000メートルに満たない山しかありません。そのため、北風で運ばれた雪雲は、二つの大きな山脈でせき止められ、野坂山地を通り県内に進入し、愛知県や岐阜県などの濃尾平野に抜けるのが一般的なルートです。

 北雪、南雪という言葉があります。湖北地域で雪が多い日は湖東や東近江地域に雪が少なく、また、その逆もあることを意味しています。県の北側でも雪の量が地域によって変わるのは、県内に雪雲が入り込む入り口が狭く、風向きの少しの違いでも流れが変わるためです。北西の風ならば雪雲は野坂山地を通り湖北に、北風だと野坂山地から近江西部へ向かい、それぞれの地域に雪を降らせます。北東の風に変わると、雪雲は中部山岳地帯で…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文1090文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 特集ワイド コロナショック 大谷義夫医師「最強の体調管理」 朝食欠かさず昼寝、散歩を よく笑って免疫力アップ

  3. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  4. 緊急事態宣言「効果確認に1カ月必要」「何としても終結に」 菅官房長官会見詳報

  5. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです