特集

第94回センバツ高校野球

2022年に開催される第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会もライブ配信します。

特集一覧

春風に乗って

’17センバツ 高田商 選手紹介/12 尾上和輝捕手(2年) /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
高田商の尾上和輝捕手=奈良県大和高田市で、日向梓撮影 拡大
高田商の尾上和輝捕手=奈良県大和高田市で、日向梓撮影

 <第89回選抜高校野球>

投手への気配り身上

 野球を始めたのは小学4年の夏、WBCで日本が世界一になった年。優勝の瞬間を映像で見て「かっこいい」と感動し、少年野球チームに入部を決めた。

 昨秋の近畿大会初戦、和歌山東との試合で延長十回からマスクをかぶった。先頭に死球を与えた救援の杉田晃一投手(2年)に「1点取られても良いから抑えろ」と声を掛け、無失点に抑えた。細やかな気配りが身上だ。

 安定した送球など課題を克服しようと、チームの捕手同士で助言をし合いながら冬の厳しい練習を重ねてきた。「とにかく平常心。甲子園では投手をうまく投げさせたい」と意気込む。

 176センチ、77キロ、片塩中。

 ■僕の宝物

 ◆道具を手入れする時間

 中学時代から、試合前夜に一人でスパイクやミットを磨いています。汚いミットだと気持ちが乗らないので、試合に向けて集中する儀式みたいなものかも。

あわせて読みたい