メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

県予算案編/1 新年度、地震からの復興に力を入れるの? /鳥取

壁が崩れた白壁土蔵群の赤瓦三号館=鳥取県倉吉市で、李英浩撮影

総額3494億円のうち34億円計上 NPO活動や住宅修繕・耐震化に助成

 なるほドリ 新年度の県の一般会計当初予算案を見てみると、昨年10月の地震からの復興に力を入れるみたいだね。どんな取り組みをしようとしているのかな?

 記者 総額3494億円のうち、復興予算として約34億円の事業費を計上します。「マイナスからゼロに、ゼロからプラスに」というのが基本的な考え方です。まずは「震災復興活動支援センター」を倉吉市のショッピングセンター「パープルタウン」に設置(委託費約1304万円)する予定です。民間団体やNPOが被災地を元気にしようとイベントを企画する時などに相談窓口になって、取り組みを後押します。

 Q 具体的にはどうやって助けてくれるの?

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文979文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 視聴室 世界を変えた女の子

  5. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです