メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

県予算案編/1 新年度、地震からの復興に力を入れるの? /鳥取

壁が崩れた白壁土蔵群の赤瓦三号館=鳥取県倉吉市で、李英浩撮影

 なるほドリ 新年度の県の一般会計当初予算案を見てみると、昨年10月の地震からの復興に力を入れるみたいだね。どんな取り組みをしようとしているのかな?

 記者 総額3494億円のうち、復興予算として約34億円の事業費を計上します。「マイナスからゼロに、ゼロからプラスに」というのが基本的な考え方です。まずは「震災復興活動支援センター」を倉吉市のショッピングセンター「パープルタウン」に設置(委託費約1304万円)する予定です。民間団体やNPOが被災地を元気にしようとイベントを企画する時などに相談窓口になって、取り組みを後押します。

 Q 具体的にはどうやって助けてくれるの?

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文979文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 外出自粛で追い込まれる個人経営の飲食店 業界関係者が応援サイト立ち上げ

  4. 中1女子被害 強制わいせつ容疑者の動画 小倉北署公開

  5. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです