メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

89万5000トンに上方修正 今年度5回目 県、搬出完了遅れ /香川

産廃量が約7000トン上方修正された処分地。奥の重機そばにある黒い山が掘り出された産廃=香川県土庄町豊島家浦で、植松晃一撮影

 豊島(土庄町)に不法投棄された産業廃棄物について、県は28日、従来想定より約7000トン多い約89万5000トンになると発表した。汚染土壌を含めた処理対象量は約91万1000トン。県は直島(直島町)への輸送船などを増便するが、搬出完了は従来計画より3日遅い今月28日になる。公害調停(2000年)期限の月末まで3日しかなく、トラブルが起きれば間に合わない可能性も出てきた。【植松晃一】

 大山智・環境森林部長らが記者会見して明らかにした。県は、掘削して処分地内に仮置きしている産廃につい…

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1037文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. デートDV 経験10代女性の44% NPO広域調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです