メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

終息宣言 県、移動制限区域解除 4農場の鶏、卵出荷へ /佐賀

「引き続き気を緩めることなく発生の防止に万全を期していきたい」と訓示する山口知事(右から2人目)

 江北町の養鶏農場で発生した高病原性鳥インフルエンザで県は28日午前0時、発生農場から半径3キロに設定していた移動制限区域を解除した。圏内4農場の鶏や卵の出荷ができるようになった。同日朝、県庁であった対策本部会議で山口祥義知事は「一連の防疫対応は終了した」と終息を宣言した。

 鳥インフルエンザは2月4日に発生し、「H5N6型」ウイルスを検出した。発生農場で殺処分した鶏約7万700羽と卵約76万7000個などを埋却し、6日深夜、防疫措置を完了した。その…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです