メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

企業を見極める視点=中村秀明

 <sui-setsu>

 企業の変調を疑い、問題に気づくのは容易ではない。

 「企業を訪ねると必ずトイレを借りた」と語るのは信用調査会社の社員だ。汚れや整理整頓具合から社長の考えや社内の雰囲気、経営状況がうかがえたという。

 投資助言会社「グッドバンカー」(本社・東京)は、社会貢献や環境への配慮、人材の多様性などを重視し企業を評価する。1998年に創業し、この分野では日本の先駆けだ。これまで、いくつかの企業の転落を予見してきた。

 筑紫みずえ社長や調査部長の倉橋麻生さんに企業名は記事にしない前提で聞いた。

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです