メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どう向き合う

トランプ政権 公明党国際局次長・岡本三成氏

=猪飼健史撮影

議員交流で信頼築く

 --トランプ米大統領に会ったことがあるそうですね。

 ◆勤務していた米投資銀行がトランプ氏の不動産企業と取引があり、本人や部下とやりとりした。トランプ氏のビジネススタイルは、得意分野は自分で判断し、経験の浅い分野は信頼できる専門家から完璧に情報収集する。ビジネスマンとしては当然のことだが、大統領就任後の言動をみる限り、こうした意思決定プロセスは変わっていない。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文787文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]