メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WBC

壮行試合 侍、頼みの投手陣不安 台湾プロ選抜に5-8

【日本-台湾プロ選抜】三回表台湾プロ選抜1死一塁、王柏融(奥)に逆転の中越え2ランを許した則本=いずれも津村豊和撮影

 <2017SAMURAI JAPAN壮行試合 presented by Asahi>

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する日本代表「侍ジャパン」が28日、福岡ヤフオクドームで台湾プロ野球選抜との壮行試合第1戦を行い、5-8で敗れた。日本代表は2月25日のソフトバンクとの練習試合に続く黒星となった。日本代表の投手陣が17安打8失点と振るわなかった。打線では、菊池(広島)が2点打を含む3安打と奮起したが、台湾プロ選抜の6投手に10三振を喫した。日本代表は3月1日も台湾プロ選抜と対戦。3日の阪神、5日のオリックスとの強化試合(京セラドーム大阪)を経て、7日に開幕するWBC1次リーグの初戦、キューバ戦(東京ドーム)に臨む。

この記事は有料記事です。

残り1182文字(全文1506文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  4. 習志野が10年ぶり初戦突破 一回に猛攻 日章学園降す
  5. 明豊が三回一気に逆転 横浜・及川は5点を奪われ降板

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです