メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VR

切った「手応え」もゲームで再現 3D触力覚

手に持った「3D触力覚VRコントローラー」を動かして、画面上の敵を倒す。剣で切った“手応え”を感じることができる=2017年2月22日、相良美成撮影

 茨城県つくば市のベンチャー企業「ミライセンス」は1日(日本時間2日)、米国サンフランシスコで開かれたゲーム開発者会議「GDC2017」で、左右に引っ張られる感覚や、剣で敵を切った際の“手応え”などをバーチャルリアリティー(VR=仮想現実)技術で感じることができる「3D(三次元)触力覚VRコントローラー」を発表した。3D触力覚は、実物がなくても実際にものに触った感覚を味わえるように脳を錯覚させる技術で、同社はゲーム機のほか、自動車の「次世代コックピットシステム」のパネル操作、医療手術の遠隔操作など、幅広い分野での実用化を進めている。

 この技術は、国立研究開発法人「産業技術総合研究所」(産総研、つくば市)の主任研究員を務める同社の中村則雄・最高技術責任者(CTO)が開発した。指先で触ったり装着したりした機器から振動などの刺激を与え、その波形パターンを変えることで脳が錯覚する。押したり引いたりという「力覚」と、硬い・軟らかいなどの「圧覚」、つるつる・ザラザラといった「触覚」を同時に再現する。

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文1005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです