メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金正男氏殺害

女2容疑者を殺人で起訴 死刑の可能性も

金正男氏を殺害した容疑で逮捕されたシティ容疑者(左)とフオン容疑者=マレーシア警察提供

検察「猛毒の神経剤VXで殺害の意図があった」と判断

 【クアラルンプール平野光芳、林哲平】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏(45)が殺害された事件で、マレーシア検察は1日午前、実行犯として逮捕されたベトナム人のドアン・ティ・フオン(28)とインドネシア人のシティ・アイシャ(25)の両容疑者を殺人罪で起訴した。検察は2人が金正男氏を殺害する意図があったと判断している。

 マレーシアは刑法で「殺人を犯したものは全て死刑とする」と規定しており、有罪となれば死刑判決が下る可能性が高い。両被告の出身国では「北朝鮮の工作員にだまされただけ」と同情的な世論が強く、仮に死刑が確定すればインドネシアやベトナムとの外交問題に発展する可能性もある。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文864文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです