メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重銀・第三銀

経営統合へ…営業基盤を強化

経営統合に向けて基本合意した三重銀の渡辺三憲頭取(左)と第三銀の岩間弘頭取=名古屋市中区で2017年2月28日、竹地広憲撮影

 三重県の地方銀行の三重銀行(四日市市)と第二地銀の第三銀行(松阪市)は28日、経営統合することで基本合意したと発表した。2018年4月に持ち株会社を設立して両行を傘下に置き、両行の合併も検討する。低金利や人口減少などが地銀の収益を圧迫する中、今回の統合発表で地銀の再編機運がさらに高まりそうだ。

 「低金利の時代が続くことや競合相手の増加などで経営環境は厳しい。(統合で)顧客基盤を強くしたい」。名古屋市内で記者会見した三重銀の渡辺三憲頭取は経営統合の意義を強調。第三銀の岩間弘頭取も「三重での存在感や競争力を高めたい」と意欲を示した。

 両行の統合で連結の総資産は16年末時点で計4兆円強になり、三重県内で最大手の百五銀(津市、5兆6204億円)に迫る。三重銀が強い県北部と第三銀が得意な中南部などで連携しながら営業基盤を強化し、取引先の事業創出などを後押ししたい考え。一部の重複店舗の統廃合を進め、事務コストの削減も図る。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです