西武筑波店

売り上げ不振で閉店 科学博からの歴史に幕

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
西武筑波店は最終日の営業を終え、シャッターが下ろされた=茨城県つくば市で2017年2月28日午後8時8分、大場あい撮影
西武筑波店は最終日の営業を終え、シャッターが下ろされた=茨城県つくば市で2017年2月28日午後8時8分、大場あい撮影

 茨城県つくば市の百貨店「西武筑波店」が28日、売り上げ不振により閉店し、32年間の歴史に幕を下ろした。閉店日には、多くの買い物客が詰めかけ、長年親しんできた百貨店との別れを惜しんだ。一方、中心市街地の今後の空洞化を心配する声も聞かれた。【宮田哲、大場あい】

 店は午前10時の開店時には既に長蛇の列ができた。間もなく店内は客であふれ、セールの1足1000円の婦人靴のコーナーは人垣ができた。常総市の会社員、亀崎時子さん(55)は休みを取って駆けつけた。「寂しい。閉店までいるつもりです。知り合いのブティック店長さんにもあいさつしたい」

 開店は国際科学技術博覧会が開かれた1985年。つくば市誕生前で、当時の住所は桜村。周囲に建物はほとんどなかった。当時から同市に住む主婦(64)は「自転車で走っていたら突然デパートが建っていて驚きました」。客からのメッセージを貼ったボードには開店日のこんな思い出も。「母にスヌーピーの赤い傘を買ってもらいました! それから何百回来たことか」

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文1035文字)

あわせて読みたい

注目の特集