メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災障害者

診断書欄に自然災害追加を 支援の拡充要望

 阪神大震災で負傷し障害が残る「震災障害者」と支援者が28日、厚生労働省を訪れ、障害者手帳の申請に使う診断書の原因欄に「自然災害」の項目を追加するなど、支援の拡充を要望した。1万人を超えた重傷者のうち、障害が残った人数は今も不明で、障害者らが経験を語って改善を求めた。古屋範子副厚労相は「要望の趣旨を受け止め、努力したい」と前向きに応じた。

 兵庫県と神戸市は震災15年後の2010年度に、震災障害者の実態調査に着手。障害者手帳の申請内容など…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文663文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです