メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

黒川創さん(作家) 希望なき未来のマシな方 暗い現代描く小説『岩場の上から』

小説『岩場の上から』を著した、作家の黒川創さん

 時は2045年。つまり第二次世界大戦が1945年に終わってから100年。「戦後100年」の日本は原発から出た核のゴミの後始末にほんろうされている。作家、黒川創(そう)さんが著した長編小説『岩場の上から』(新潮社)の設定だ。「使用済み核燃料が危険でなくなるのに10万年といわれるが、何の利益も生まないものを本当に守れるのか。自分の生理から考える容(い)れ物になる小説を書きたかったのです」

この記事は有料記事です。

残り1389文字(全文1583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです