メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

黒川創さん(作家) 希望なき未来のマシな方 暗い現代描く小説『岩場の上から』

小説『岩場の上から』を著した、作家の黒川創さん

 時は2045年。つまり第二次世界大戦が1945年に終わってから100年。「戦後100年」の日本は原発から出た核のゴミの後始末にほんろうされている。作家、黒川創(そう)さんが著した長編小説『岩場の上から』(新潮社)の設定だ。「使用済み核燃料が危険でなくなるのに10万年といわれるが、何の利益も生まないものを本当に守れるのか。自分の生理から考える容(い)れ物になる小説を書きたかったのです」

この記事は有料記事です。

残り1389文字(全文1583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. 「朝、農場に入るのが怖い」 宮崎でまた鳥インフル 鹿児島でも関係者ら緊張高まる

  3. 大阪・北海道、11月の死者最多に 高齢施設、感染拡大 新型コロナ

  4. 日本新薬・大畑 主軸も務めたムードメーカーが4強進出後押し 都市対抗

  5. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです