メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
Interview

黒川創さん(作家) 希望なき未来のマシな方 暗い現代描く小説『岩場の上から』

小説『岩場の上から』を著した、作家の黒川創さん

 時は2045年。つまり第二次世界大戦が1945年に終わってから100年。「戦後100年」の日本は原発から出た核のゴミの後始末にほんろうされている。作家、黒川創(そう)さんが著した長編小説『岩場の上から』(新潮社)の設定だ。「使用済み核燃料が危険でなくなるのに10万年といわれるが、何の利益も生まないものを本当に守れるのか。自分の生理から考える容(い)れ物になる小説を書きたかったのです」

この記事は有料記事です。

残り1389文字(全文1583文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  3. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  4. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  5. 図解で納得 停電した時の対処法

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです