メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぬいぐるみお泊まり会

子どもの読書意欲増大 岡大・岡崎講師らのグループ、効果を確認 /岡山

お泊まり会では、ぬいぐるみが絵本を読む様子などを撮影、子どもたちに見せた=岡山大提供

 子どものお気に入りのぬいぐるみを一晩、図書館や書店に預け、ぬいぐるみが読書する様子などを写真に撮って子どもに見せると読書意欲が増すことが、岡山大大学院教育学研究科の岡崎善弘講師(発達心理学)らのグループの研究で分かった。取り組みは米国発祥の「ぬいぐるみお泊まり会」としてイベント化されており、子どもの読書離れに歯止めをかける糸口に、と期待される。

 成果は2月28日、オランダの科学誌に掲載された。お泊まり会は米国の公共図書館で2006年ごろに始まったとされ、国内でも広がりつつあるが、これまで教育効果は実証されていなかった。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 東京オリンピックで観客の顔認証活用へ コロナ感染防止、大会後にデータ消去

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 藤井王位、名人戦順位戦B級2組5連勝で単独トップに 村山七段を97手で降す

  5. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです