ぬいぐるみお泊まり会

子どもの読書意欲増大 岡大・岡崎講師らのグループ、効果を確認 /岡山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
お泊まり会では、ぬいぐるみが絵本を読む様子などを撮影、子どもたちに見せた=岡山大提供
お泊まり会では、ぬいぐるみが絵本を読む様子などを撮影、子どもたちに見せた=岡山大提供

 子どものお気に入りのぬいぐるみを一晩、図書館や書店に預け、ぬいぐるみが読書する様子などを写真に撮って子どもに見せると読書意欲が増すことが、岡山大大学院教育学研究科の岡崎善弘講師(発達心理学)らのグループの研究で分かった。取り組みは米国発祥の「ぬいぐるみお泊まり会」としてイベント化されており、子どもの読書離れに歯止めをかける糸口に、と期待される。

 成果は2月28日、オランダの科学誌に掲載された。お泊まり会は米国の公共図書館で2006年ごろに始まったとされ、国内でも広がりつつあるが、これまで教育効果は実証されていなかった。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文492文字)

あわせて読みたい

注目の特集