メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
記者の目

難民政策と日本 姫路の現場から=山縣章子(姫路支局)

地域の祭りに備え、ベトナムの獅子舞を練習する難民2世の子供ら=兵庫県姫路市で昨年7月、山縣章子撮影

共生へ覚悟と制度を

 米国のトランプ大統領はじめ、移民や難民を多数受け入れてきた従来の方針を見直す訴えが、欧米で勢いを増している。国内では「海外の出来事」と受け止めているようにも見えるが、日本は厳しい難民認定制度を国際社会から非難されてきた経緯があり、かつて受け入れたインドシナ難民への自立支援も十分だったとはいえない。トランプ氏が投げ掛けた議論を契機に、難民やその子孫が多く暮らす兵庫県姫路市で、私たちの共生社会のあり方を考えた。

 トランプ氏の過激発言が続いた今年初め、姫路に暮らすインドシナ難民2世のベトナム人児童が大人たちに「…

この記事は有料記事です。

残り1634文字(全文1899文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです