連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

記者クラブ夕食会とトランプ氏の因縁=政治アナリスト・横江公美

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 トランプ米大統領が、ホワイトハウス記者クラブ主催の夕食会に「参加しない」と表明した。大統領が参加しないというのは、ワシントンにおいては大事件である。

 この夕食会では、大統領夫妻を主賓として数千人の政治関係者がタキシードとロングドレスに身を包み一堂に会する。ジョージ・クルーニーやニコール・キッドマンといった一流スターたちも参加する。1席350ドルほどだが、ワシントンで働く記者といってもチケットは必ず手に入るわけではない。夕食会の模様は全編放映される全米的なイベントでもある。ここでの大統領のスピーチはいつもと全く違って、ジョーク満載だ。どれだけ受けるかが試される。

 実は、2011年のこの夕食会がトランプ氏の大統領選出馬を決定づけた瞬間だったと見る米メディアは多い。この年、オバマ大統領のスピーチもゲストのセス・マイヤーズ氏のスピーチも、夕食会に参加していたトランプ氏への皮肉と嘲笑に終始したからだ。その2カ月前にトランプ氏が「オバマ氏はアメリカ生まれでなく大統領になる資格がない」と言いまわっていたことが原因だが、オバマ氏のスピーチはちょっとやり過ぎの感があった…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文710文字)

あわせて読みたい

注目の特集